« TABOO | トップページ | うっとおしいぞこの »

2013年5月13日 (月)

にわかアニオタ

多忙のリバウンドで無気力だったので今期アニメのチェックをした

・・・い、いやホラ、主題歌とか音楽家としてはチェックしないとでおすし

オタクなどではないし、ニワカですからから


そんな俺からざっと見ても、今期は実に豊作ですな

Oreimo2

『俺の妹がこんなにかわいいわけがない~第二期~』

一期も蛸壺の薄い本も良かった作品が面白くないわけがない

前回からの続きとしてはうまく流れてるから今後も期待

ただ、今回も主題歌は淡泊なんだよね良くも悪くも

ClariS(クラリス)の曲は一般向けなのかアニメ向きなのかよくわからない

クオリティは高いけど、作品との連携は無くタイアップ寄りなのでパンチが足らない

Kusomusi

『惡の華』

今期一番の問題作だろう

原作を無視した作画に原作ファンはブチギレのようだが、個人的にはかなりの良作

まず原作の時点で結構話題性はあったようで、よくネット中に1巻の表紙絵がよく見受けられた(上の写真ね)

・・・これのせいで全く見る気はなかった

13番煎じのアヤナミみたいなキャラがドヤ顔でゲスな罵倒をしている厨二臭いのは

もうおなかいっぱい

半目でヤレヤレ顔してる男が表紙にいる萌えアニメと同じくらいおなかいっぱい

まあ食わず嫌いはいかんとアニメだし見て見るかと思ったら、すごい面白いというか

エンディングにやられた

内容は変な女と関わってしまった思春期の男の子の話って感じでリアルな碇シンジ君って感じだけど、この表紙の女の子をどちらかというとブサイクに描写しているせいで

原作ファンからの批判はすごいがキャラとしてとても魅力的なのである

実写をキャプチャした描画手法も一回りして新鮮だし内容にも引き込まれる

これが綾波レイそのもので他の登場人物もカラフルな眼や髪だったなら見向きもしなかっただろう

Hatarakumaoh

『はたらく魔王さま!』

惡の華でエラそうに言ったものの、もちろんこういう萌え絵のも好き

設定とテンポがいいから気楽に見られるし、ある意味一番楽しみな作品

Garugan

『翠星のガルガンディア』

今期はロボアニメがたくさんあり、ガンダムマクロスなどメジャー以外で新たなロボロマンを期待せずにいられない

そんな中でこれが良さげだと見てみた。設定が好きなのでこれも期待!

Varuv

『革命機ヴァルヴレイヴ』

何から何まで今期一番期待と金をかけてそうな作品

主題歌から作画まで贅沢盛りだくさんなオーラであり、第一話を見た直後すぐに第二話を見たくさせた

・・・なのに

なのに第二話で墜落。もう、まあまあどうでも良くなった。何だろうコレ?

Singeki

『進撃の巨人』

単行本の時点ですさまじいステマとゴリ押しが行われていた作品だが

期待せずにいられない存在で初版から即買いしてきた作品だし、内容的にもう現代のアニメ技術なら原作を超えるに決まってると

一巻の時からアニメに期待し、逆に実写化しようとしたら全力で反対したいと思ってた

前期「ジョジョ~」のアニメ並に原作へのこだわりと再現とより良くしようという気概が感じられ満足な期待で見れた!!


ー現状ではチェック作品は以上

あとは、歴代の作品を見てないけど「とある科学の~」は主題歌が毎回強烈にカッコイイのでそのうちチェックしたい

もうひとつのロボアニメ「マジェスティックプリンス」も見てみたいところ

「宇宙戦艦ヤマト2199」も現代版てことで気になるけど・・・キリないな



こんな誰得記事最後まで読んだ奇特な方、参考になれば幸い

|

« TABOO | トップページ | うっとおしいぞこの »

★アイタタ☆痛☆オタ日記★」カテゴリの記事

●● ひきこもり日記 ●●」カテゴリの記事

コメント

今期アニメも是非チェックして下さいー!
水泳のアニメはテニプリ意識でしょうか?

サイコパスみたいなアニメが見たいです…。

投稿: よしこ。 | 2013年7月 5日 (金) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にわかアニオタ:

« TABOO | トップページ | うっとおしいぞこの »